ネイリストなら誰しも、 「独立して自分でお店を持つこと」 に、憧れますよね。

「経験がないから無理かも……」 「何をすればいのか、わからない」 と、諦める必要はありません。
開業のチャンスは誰にでもありますよ! 転職ではなく、開業を目指すための方法、ご紹介します。

開業するにはこんな準備が必要!

それではまず、開業に欠かせない準備を、挙げてみましょう。
最低でも、
「店舗探し、不動産契約」
「内装外観のデザイン、設備工事」
「道具の準備」
「看板やチラシ、名刺などの広告」
「税務署への届け出」
などの手続きや準備を行う必要がありますよ。

これらのステップへ入るためには、当然準備金が必要となります。
事前に予算を立て、必要であれば銀行等から融資を受けても良いでしょう。
このように、お店をオープンさせる前は、やるべきことがたくさんあります。
一つ一つ計画立てて、楽しみながら進めていきたいですね。

画像引用元:http://www.nail73.info/tokyo/area186/

ネイルサロンは誰でも開業できるの?

ネイルサロンを開業するのに、特別な資格は必要ありません。
だからといって 「じゃあ、今すぐに!」 と、見切り発車してしまうのはNG!
「契約や手続きが、よくわからない」
「お店を出すエリアを、決められない」
「取引業者が見つからない」
といった壁にぶつかり、挫折してしまうことも……。

こんな状態では、オープンまでこじつけたとしても、 「宣伝不足で、お客さんが集まらない」 「繁盛しない理由が、わからない」 「融資返済ができない」 と、閉店に追い込まれてしまいます。

ネイリストとしての腕は一流! であるにも関わらず、経営面のトラブルでつまずいてしまっては、もったいないですよね。
「絶対に失敗したくない!」 それなら、少なくとも、開業マニュアルを数冊読みましょう。
「知識は得たけれど自信がない」 という時には、経営アドバイザーやのも良い選択です。

本や人に頼らず、手元でできる努力もあります。
なんと言っても、今はインターネット全盛の時代!
無料で使えるブログやSNSなどのツールを、積極的に利用し、宣伝、広報していきましょう。
「成功しているネイリストのお店へ足を運んでみる」 「ネイルスクールで開業について指南を受ける」 といったリサーチも大切ですよ。

各地で起業・開業についてのセミナーやアドバイスを行っているところも多いです。
開業前に話を聞くだけでも勉強になるので、一度足を運んでみたらいかがでしょうか。
参考サイト:http://www.saitama-j.or.jp/sogyo/woman/type.html

ネイルサロン開業の体験談

真由子さん(30代)
念願の自宅サロンを開業!でも苦労も沢山…

ネイリストとして働きはじめて4年あまり。
資格取得も含めると5年少々です。
資格を取ってからはサロンで色んなことを勉強し、様々なスキルを身に着けました。

そして夢だったネイルサロンを開業!
自宅を改装してオープンさせましたが、そこに至るまでに様々な苦労も…。
今思えば、開業できただけでも本当に良かったと感じています。

まず最初に考えたのが開業方法でした。
今は色んなサロンがありますが、私が思いついたのは物件購入・テナント・自宅での開業の3つでした。
このうち物件購入は資金面の理由からすぐ断念。
テナントと自宅、2つの方法に絞り込み、1ヶ月くらい慎重に検討を重ねました。
そして検討した結果、テナントは保証金や家賃の問題から自宅サロンを選びました。

次に問題となったのが開業資金。
自己資金もありましたが、開業後のことも考えると不安です。
資金の問題はかなり大きく、自宅の改装費、広告費、各種備品の購入…。
色んな費用が必要になることが分かりました。
そのため金融機関で融資の相談を行い、自宅を担保にして一定の資金を借り入れしました。
おそらく融資なしでは開業できなかったと思います。

開業資金に目処がたった後は、集客方法で躓いてしまいました。
自宅サロンとは言っても、そのままじゃお客さんも来てくれません。
どうしようか悩んだ挙げ句、SNSを通じて友達に口コミで広めてもらう方法と、開業時に近隣へのポスティングをすることにしました。
特に効果が大きかったのは口コミですね。
開業後に訪れるお客さんも、口コミで知ってくれた人が多く、SNSと友達の口コミを活用して大正解でした。

集客方法も決まり、いよいよ開業に向けての準備です。
まず近隣の工務店へ自宅サロンへの改装を相談し、数社から見積もりを取りました。
そして最終的な費用と工期を確認し、自宅をサロンへ改装する工事が始まりました。

それと並行して行ったのが備品購入です。
しかし、ソファや机などは高く、資金的にも厳しかったため中古家具を選びました。
中古とは言っても見た目は問題ありません。
むしろ資金を節約できたため、結果的には良かったです。

工事が終わり、いよいよ開業。
オープンから1ヶ月間は手探り状態でしたが、トラブルも無く乗り越えられました。
軌道に乗り始めたのは5~6ヶ月経ってからですが、特に問題なく続いています。

資金や立地、集客方法などを解決せねばならないため、ネイルサロン開業は簡単ではありません。
最低でもこれらにめどが付けてから開業するべきですね。

 

さいごに

「ネイルサロンを開業したい!」 そう思うタイミングは、自分に自信がついた時!
これまでの経験と技術を、存分に生かせるお店作りをしていきましょう。
人気店を目指すなら、ネイリスト歴、ネイリスト資格も重要。
学んだすべてを無駄にせず、経営へ生かしてくださいね。

 ネイルサロン開業お役立ち情報