開業するなら、お金の流れにまつわる知識が必要!
これまではサロン任せだった申告や経費の計算も、自分で行うこととなります。
「そんなの面倒……」 と思うかもしれませんが、節税や経費について詳しくなれば、売上アップにつながりますよ。
まずはお金についての基本を、チェックしていきましょう。

どっちにする?税金の申告方法

ネイリストとして開業する場合、最初に税金の申告方法を考える必要があります。
申告方法は2種類。

少し手続きが面倒だけど、控除などの恩恵が大きい青色申告。
そして、届け出は簡単だけれど、控除などの恩恵が少ない白色申告です。
迷ったら、目標としている収入に合わせても良いですね。

「家事や育児の片手間に内職感覚で働きたい」
「副業としてネイリスト開業を考えている」
という場合は、白色申告で問題ありません。
年収10万円~20万円が目安のネイリストに、オススメの方法です。

青色申告は、年間65万円を経費として申告できる、メリットの大きい方法です。
実際にかかった経費が65万円以下であっても、65万円分が控除されるため、税金を安く抑えることができます。
「ネイリストトしてバリバリ働きたい」 「扶養の範囲いっぱいまで稼ぎたい」 と言った場合は、青色申告を選ぶと良いでしょう。
白色から青色へ、後から変更することも可能ですが、申請した次年度からの適用となります。

今年は収入が多そうだから青色申告へ変えよう、という方法はNGですので注意してくださいね。
特例として、開業届を出した年度だけは、1年目から青色申告を行えます。 そのため、 「初年度から青色申告で!」 というネイリストが多いようです。
税務署には、申告について一から相談できる窓口もあります。
何もわからない初年度も、これらの窓口を積極的に利用すれは安心です。

どこまでが経費?しっかり勉強しておこう

自分で帳簿を付けるようになると、特に気になるのが経費の問題。
仕事で必要なものを購入したりした経費は税金の対象外となります。
レシートやメモをしっかりとって、お金の動きを把握しておきたいですね。
「こんなものも経費でいいの?」 と後悔しないよう、事前に経費の内訳を知っておきましょう。

ネイリストが使う経費の主なものは以下の通りです。
「家賃」賃貸料など、自宅開業の場合も仕事スペース分の家賃を経費にできます 「水道光熱費」家賃と同じく、自宅開業であっても、仕事分は請求しましょう。
「宣伝広告費」チラシや名刺、雑誌や新聞へ広告を載せる費用などが該当します。
「ネイル用品の仕入れ」仕事で使う各種ネイル用品、家具、お客様のドリンクなども経費となります。

「接待、交際費」宣伝についてや、面接の打ち合わせなど、仕事にまつわることで利用した飲食店代などは経費となります。
「車両費」ネイル用品を買いに行く際や、出張する際のガソリン代などは経費となります。

その他、ネイル関係の雑誌や書籍購入、ネイルについての勉強会や交流会など仕事についてのことは経費と考えて問題ありません。
サロンを軌道に乗せるためにも、正しく申告し、節税に努めて下さいね。

さいごに

お金の話は苦手……という方も多いですが、慣れてしまえばそれほど難しくありません。
「どうしても無理!」 という場合は、入力するだけで申告書を作成してくれるサービスや、税理士へ丸投げできるサービスもありますよ。

稼ぎが増えてきたら、税金関係は外部委託した方が、時間的にも収入的にも得、というケースも多々あります。
自分に合った管理方法を見つけ、確定申告を乗り切っていきましょう。